忍者ブログ記事別アクセス推移 多岐川さんのアイドレス日記: №1003 霧賀火澄@FEGさん依頼SS
FC2ブログ

HOME>文族の仕事

№1003 霧賀火澄@FEGさん依頼SS

ファンファーレが聴こえる



 例え悲しい事があっても。
 どうかこの日の事を忘れないで。

/*/

 金属に穴を開けるドリルの音、ほとばしる赤い火花の音、ガチリガチリと歯車の噛み合う音……。
 FEGの中層に存在する職人街は、いつにも増してにぎやかな音を奏でていた。
 つい20年程前はここも普通の砂漠の国だったんだよとは、既に今生きる子供達にとっては昔話になっているビルが支配するこの国で、数少ない建国時代の匂いを残している場所がこの街である。

「あんた達―、ピッチ上げてー。来週だよー、来週」

 宝飾加工を生業としているおかみが大声を上げる。大声を上げないと聴こえないからだ。
 作業をしている男達から「あいよー」「へーい」と言う返事を聞きながら、それを少女はあわあわとした顔で見ていた。

「何か大事になっててすみません……」
「何言ってるんだい。あんたは主役だろうが。さっ、さっさと腕広げて」
「はっ、はいっ」

 少女――霧賀火澄――がおかみに言われるがまま腕を広げる。
 服飾職人が火澄の腕の丈や身長、胴回りをメーターでてきぱきと測る。
 そのあまりの手際のよさに、思わず火澄は「おー」と歓声を漏らした。

「着たいデザインとかはあるかい?」
「ええっと……何でもいいです」
「旦那さんはどうだい?」
「そうですね……燕尾服がいいかな」

 ちらりと旦那と呼ばれる少年――小助――の方を見ると、男の服飾職人に囲まれて採寸されていた。その顔にはむすっと言う擬音が貼り付いているように見える。

「旦那さん、そんなしかめっ面しないで。はい、腕広げて」
「ん」

 今の所は暴れていないけど……。
 火澄がびくびくしている間に、採寸は滞りなく終わった。

「はい、お疲れ。もう帰っていいよ?」
「はっ、はいっ。ありがとうございます!!」
「構わない構わない。早く旦那を連れて行きな」
「はいっっ」

 こうして火澄は小助を連れて帰って行った。

/*/

「あれは一体何をやっているんだ?」

 2人が歩いていると、職人達が手を振ってくる。
 そのたびに火澄が頭を下げるが、小助はよく分かっていない顔をしていた。

「えっと、この間指輪をここに買いに来たじゃないですか」
「ああ。そんな事もあったな」

 小助が目線を下げると、階段の下には広場があり、そこで職人達が木材を組み立てているのが見えた。火澄は少しだけ肩をすくませた。

「そこのお店の人がですね、この職人街で結婚式をしないかって。……すみません、勝手に話を進めてしまって」
「いや。別に構わない」
「はい」

 小助は木材が壇に組み立てられていくのをちらりと見た。
 この世界では結婚なんてどうするんだろうと思ったが、まあ何とかなるだろうと考えるのをやめた。対して火澄はまたあわあわと壇を見下ろしていたので、そのまま小助は手を取った。

「まあ、当日になれば分かるだろ。帰るぞ」
「はっ、はいっ!!」

 そのまま自然と2人は指を絡ませる。
 トントンと槌が振るわれる音を背に、2人は家へと帰って行った。

/*/

 その日は、晴れていた。
 普段は騒がしい音がする職人街は、珍しく機械の音が全くしない場所となっていた。
 代わりに、職人達が銘々いつもよりちょっとおしゃれな恰好をして、新郎新婦の面倒を見ていた。

「すごいね、こんなにたくさん……」

 お呼ばれされた川原夫妻は、職人達がこの日のために用意したであろう会場をぐるりと見回す。妻の雅に抱きかかえられた娘の檀は丸くてくるくるした目で、会場に飾られた花を引っ張るので、夫の昇は「駄目だよ」と笑って檀の手を自分の手できゅっと包んだ。

「まあ不景気だからね。皆の気晴らしに派手婚、かな。自分達で作ったものだからお金は全くかかってないんだけど」
「なるほどねえ」

 ちらりと見ると、知っている顔があちこちにまぎれていた。
 是空藩王があちこちで見張っていたのだ。

「ほらっ、しゃっきりと歩いて!!」
「はっ、はいっっ!!」
「…………」

 川原夫妻が壇の上から見下ろすと、可愛らしいウェディングドレスに身を包んだ火澄と小助が出てくるのが見えた。火澄が「皆さんありがとうございます!!」と元気に挨拶しているのに対して、小助は仏頂面で職人達に押されるようにして中央まで歩いている。

「……非常に不安なんだが」

 自分の師匠が猛禽類のような顔でステージに押し出されているのを見送りながら昇は呟く。それを川原は首を傾げて見た。

「……大丈夫そう?かな?」
「緊張してるみたいだね」

 そう言いつつも、皆が拍手でステージ中央に送られた新郎新婦に拍手を送るので、夫婦もそれに倣った。檀は分かっていないような顔をしていたが、雅に手と手を取られて「はーい、パチパチパチ」と拍手されたので、それが面白かったらしく、パチパチと言うよりはペチペチと言う音で拍手を送った。

/*/

 結婚式だからと言う事で、窮屈な燕の羽みたいな服を着せられた小助は、やや不機嫌な顔をしていた。それを隣で火澄はハラハラと見た。

「ごめんなさい小助さん。そのう……嫌でしたか?」
「いや、そう言う訳じゃない。ただ、想像していたのとちょっと違うと思っただけだ」
「ああ……」

 彼の出身のレムーリアとは風習が違うのかもしれないが、火澄はレムーリアでの結婚式がどういうものかは知らない。

「ほら、晴れの舞台だから、そんな顔しないしない」

 と、いきなり聞き慣れた声が聴こえてきたので振り返ると。

「あっ、王様」
「お前か」

 是空が司会仕様で立っていた。

「あー、マイクテストマイクテスト。あーあー。
 晴れの日に、若い夫婦の誓いにようこそお出で下さりました。
 霧賀小助、彼は国の守りの一柱として尽力して下さり、我々も大変感謝しております。
 霧賀火澄、国の創立の時から政庁城を手伝って下さり、俺も非常に助かっております。
 2人の出会ったのは……」

 流れるように、是空により2人の紹介がされていく。
 その間、小助はじっと火澄を見た。

「派手だな」
「ですねー。 想像以上でした……」

 ちらりと見上げると、今司会をしている是空以外に3.4人座ったり隠れたりして混ざっているのが見えた。

「まったく、暇人どもだな……で。どうするんだ」

 小助が突然質問を投げかけてくる。
 それに火澄は白黒とさせた。
 レムーリア式もそうだが、そもそも結婚式で何をすればいいのかなんて、実は自分もあまり分かっていない。
 うーんうーん、と唸ったが、やがて1番シンプルな答えが出てきた。

「夫婦になりますっていう誓いをするんですよ」

 言外に「確か」と加えながらそう言うと、小助は「なるほど」と言いながら、突然火澄の腕を取った。
 火澄は「こっ、小助さん?」と言う間もなく、腕は持ち上げられる。
 そして、息はすぅーと吸い込まれ。

「きけ、お前ら。こいつは俺の嫁だ!」

 マイクでしゃべっていた是空の声よりも大きく、それは会場いっぱいに反響した。
 ざわざわしていた会場は、一気に静まる。
 火澄はえっ? えっ? と辺りを見回したが、思わず自分も叫ぶ。

「嫁です!!」

 辺りは、一気に凍りついた。
 えっ? ……駄目だった?
 固まってしまった人々を見ながらきょろきょろするが、それは1つの拍手で元に戻った。
 川原夫妻が、緩く拍手を送ってきたのだ。
 それに我に返った人々は、手を懸命に叩き始めた。そして拍手に混ざる笑い声。

「えーっ、このように若い二人ですので、周囲の助けが必要でございます」

 我を取り戻した司会の是空がそう言って場をまとめた。

「で、この後どうすればいいんだ?」

 何故突然黙り込んだり笑い出したりするのか分かっていない顔で、小助は火澄を見た。
 火澄はじいっと、是空の顔を見る。
 是空はにこーっとした顔で言い出した。

「誓いのキスを」
「パスだ」

 小助は生真面目に切り返すので、是空は慌ててマイクの電源を切って説得に取り掛かる。

「いやいやいやいや。儀式です。ね?」
「知らん」

 是空が取り成そうとするが、壇の1つを軽々蹴り上げて是空にぶつけ始めた。
 是空は慌ててそれをよけるが、小助は不機嫌な顔で尚も壇を1つめくり上げようとする。
 それを見ながら、昇は頭が痛そうにこめかみに手を当てた。

「そんな事だろうと思った」
「パス禁止ですー。ねー」
「うー?」

 雅は檀と一緒にブーイングをしていたが、新婦は賢かった。
 また1つ壇をめくろうとしている小助に火澄は寄って行って袖をくいくいと引っ張った。

「小助さーん」
「なんだ?」

 そのまま客に小助が背を向けた瞬間。
 火澄は背伸びして、唇をふにゅりと押し付けた。
 小助は猫ならば尻尾と毛を逆立てているように、肩をピンッと跳ねさせたが、黙ってそれを受け入れた。
 それを見て、先程の宣誓以上の笑い声と、歓声、拍手が鳴り響いた。
 誰かが「宴会だ!」とか言ってコップに酒を注いで配り始めた。
 川原夫妻の元にもお酒が回ってきた。

「まあ、らしくていいんじゃない?」
「……本人がよければいいけどね」

 相変わらず猫のように毛を逆立てんばかりの新郎と、やり遂げた顔をする新婦を見ながら、2人は少しだけ酒に口を付けた。

/*/

 火澄はやり遂げた顔で小助に抱きついた。
 既に主役そっちのけで酒宴が始まっているので、流石に小助も照れて暴れたりはしなかった。

「これで正式に夫婦なのですよっ」

 火澄はにこにこした満面の笑みでそう言うが、小助は冷静に返す。

「いや、まだだ。俺の故郷では終ってない」
「ふぇ?」

 火澄が首を傾げた瞬間、急に足が地面から離れた。
 抱きついている火澄を、そのまま小助がひょい、と腕に閉じ込め抱き上げたのだ。
 火澄は何度目かの目を白黒とさせるが、小助はふっと笑うだけだ。

「これで家の敷居をまたぐまでが結婚式だ。意外に遠いぞ」
「わーい……重くないですか……?」
「わけはない」
「家に帰るまでが結婚式ですねっ」

 そのまま、小助はひょいっとステージを飛び降りると、まるで飛ぶかのように会場を走り抜けた。火澄は嬉しそうに小助の背中に腕を回した。
 頬に風が当たる。風までもが、2人を祝福しているようだった。

「おめでとうー」「幸せにー」「こりゃ初夜が早いねっ」

 酒宴をしている会場からは、祝福の声が背中に投げられる。
 首元に小助の息が当たる。小助は珍しく、満面の笑みで笑っているようだ。
 火澄は回す腕の力を強めた。

<了>
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://idressnikki.blog117.fc2.com/tb.php/260-d71312d2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】