忍者ブログ記事別アクセス推移 多岐川さんのアイドレス日記: 芸事奉納
FC2ブログ

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>文族の仕事

芸事奉納

 七夕。
 空はやや曇ってはいるものの、雨が降ったおかげで涼しく、気持ちのいい風が吹いていた。
 子供は「これやったら織姫様も彦星様もずっと会える日待っとったのに、汗疹にならんでええねえ」と言って、やや汗ばんだ肌をぽりぽりと掻いた。
 その仕草に、母親は思わず笑った。
 二人は、今晩のためにせっせと七夕飾りを作っていたのだった。
 笹に色とりどりの短冊を掛けた後、母親は子供を手招きした。

「じゃあ、織姫様と彦星様が会えるよう、おうまさん作りましょうねー」
「はーい」

 小さな子供が母親に教わったのは、きゅうりの胴に割り箸を突き刺した馬だった。
 精霊馬と呼ばれるものである。

「お母さん、何でおうまさん作るん?」
「この世に早く帰って来れますようにって。おうまさんやったら早う家に帰れるやろう?」
「でも、早いんやったら、車でも飛行機でもええんとちゃうのん?」
「ううん。おうまさんやないといかんのよ。車や飛行機やったら、「早く早く」言うても、早さは変わらん。でも、おうまさんやったら、早く帰りたいって気持ちを分かってくれるんよ? だっておうまさんは人の気持ちを分かるのだもの」
「ふうん……」

 子供が小さな手で不器用にきゅうりに刺した割り箸は、大股になって不格好になってしまっている。
 でも、だからこそ、大きく飛べるのかもしれない。
 前足と後ろ足が大きく開いているのだから。

「会えるよね」
「うん、会えるよ」

 親子で一生懸命おうまを作っている間に、気付けば空は晴れていた。
 二人の作ったおうまは、ちょうど七騎。
 これに乗る七人の乗り手はどのような者かは、まだ親子は知らない。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://idressnikki.blog117.fc2.com/tb.php/259-92e8e5a2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。